施術費用をケチッた私が受けた代償

Vライン脱毛なら、どこが一番安くて安全?|Vライン脱毛.ws

施術費用をケチッた私が受けた代償

私が脱毛をしようと思った時に、色々なお店に出向いてお店の雰囲気などをチェックしました。
やはり出来るだけ安くていいサロンを選びたいですものね。

 

そして私が数多くの脱毛サロンに行った結果分かったことは、
高級そうなお店はそれなりに費用も掛かり庶民的なお店は費用も抑え目という事でした。

 

どのサロンでも使っている脱毛器に関してですが、その件については大きな差はなかったようです。
という事で私はが決めた脱毛サロンは、庶民派の安さだけが取り得のようなサロンで脱毛を受けることにしたのです。

 

実際にサロンと契約をして、施術が始まりました。実際に施術する部屋に通されて気になったことがありました。
それは部屋が完全な個室ではなく、大部屋をカーテンで仕切っただけ。とう部屋だったことです。
これは無料体験の時に分かっていたことだったのですが、契約時にはスッカリ忘れていました。
まぁ、脱毛専用サロンなのでカーテンでも平気かな?と思っていたのですがこれは大きな間違いでした。

 

隣の部屋(?)からは「○○さん、かなり濃いですね〜これは時間かかりますよ」なんて声が聞こえたり
別の部屋からは「△△さん、脱毛もいいけど痩身も必要かも。良かったら提携店を紹介しましょうか?」
なんていう勧誘の声も聞こえたり。

 

もちろん、施術者が私に言った「どれだけ酷い自己処理しているんですか!!女性としてこの肌は・・・」
という声も彼女たちに聞こえていたことでしょう。

 

このようなサロンはこちらが喋らなくても、施術者側がしゃべるので困ってしまいます。
結果的に脱毛サロンを施術費用の安さだけで選んだ私は、周囲の聞きたくもない話を聞かねばならなくなり
また、話して欲しくない私のことを見ず知らずの女性に聞かれることになったのです。

 

そして彼女たちと会うことが無ければいいのですが、
たまには終わるタイミングが同じで受付のところで鉢合わせになることがあるのです。
そして受付で「○○さま〜」なんて言われると、お互いに「あ、あの毛深い人だ」と分かるのです・・・

 

ですので、これから脱毛サロンで脱毛をする方はぜひ、完全個室になっているサロンを選んでくださいね。
個室を持っているサロンのほうが施術費用は高めですが、この差は施術中に受ける精神的ダメージに比べたら安いものです。

 

 

→体験談8:雑費で儲けようとするサロンに要注意