脱毛中はしっかり監視しないと後で痛い目に遭いますよ

Vライン脱毛なら、どこが一番安くて安全?|Vライン脱毛.ws

脱毛中はしっかり監視しないと後で痛い目に遭いますよ

ずっと手足のムダ毛が気になっていたので、本格的に脱毛をしたいと思って脱毛サロンに通うことにしました。
サロンではとりあえず一番私が気になっていた膝下と肘下を御願いすることにしました。
施術方法は光脱毛でした。やはり人気なのと施術時間が短いことで光脱毛を選ぶサロンが多いそうですね。

 

そのサロンでは施術前に脱毛個所をテープで区分けしてから照射をするのでやり残しが出ないようにしているんだそうです。
確かにかなり細かく区分けをしてくれていたので確かに施術忘れがなさそう。と安心して施術を受けていたのですが・・・

 

施術中のことでした。なんとなく一列飛ばされたような気がしたのです。
でも、ふくらはぎだったので自分でもどの場所がよくわからなかったのでまぁ気のせいかな・・・と思っていたのです。

 

その後、施術が終わり1週間後のことです。夫に「お前のふくらはぎ、一列だけ毛が残ってる」と指摘されたのです。
見てみると明らかに一列キレイに毛が残っているのです。あの時に「あれ?」と思った個所だったんですね。

次の施術までその部分はシェーバーで剃ってやり過ごしました。
今になるとあの時に「忘れている部分がある」と言えば良かったと後悔しています。

 

光脱毛はどうしてもこのような事が起こる可能性があるのだと思います。
ぜひ、脱毛するときにはしっかりと自分自身で全ての施術をしてもらえているのか?をチェックするべきだと思います。

 

私の経験上言えることなのですが、施術をする人によって膝下でも膝のどこまでを範囲にするのか?
の考えが違うことが多いんです。
ですので人によって本当の膝下までしかかしてもらない場合とすこし膝にかかるくらいまで施術してくれる場合と色々です。
ここも通常よりも少ない個所で設定されていた場合には「前回はここまでやってくれた」と伝えることが大切だと思います。

 

また、テープで区分けするわけですが、そのテープが貼ってあった場所は照射を忘れることもあるので要注意です。
中には面倒なのでかなり雑に照射するエステティシャンもいるそうなので、
やはり施術を受ける側がある程度しっかり監視しておかないとダメですね。

 

施術中は痛みもあり、なんとなくされるがまま・・・の状態の方も多いと思いますが、
仕上がりをキレイにしたいなら、気を抜いていてはダメですよ。

 

 

→体験談7:施術費用をケチッた私が受けた代償