会社にデスクのまわりにまさかの・・・|Vライン脱毛.ws

Vライン脱毛なら、どこが一番安くて安全?|Vライン脱毛.ws

会社にデスクのまわりにまさかの・・・

私は普段仕事が忙しくてほとんど毛の処理をしていません。
それでも会社では一応“お嬢様系”で通っているので、腕やすねは出来るだけ剃るようにしています。

でも前の日に残業だったり飲み会があったりすると、疲れて会社に行くのもだるい私は
お風呂に入るので精一杯で毛の処理までする余力があまっていません。。

 

女性って毎日会社に行くときは「何を着ようかな〜」と洋服を選ばないといけないし
化粧はしなくちゃいけないし、髪の毛をセットしたりとやることがた〜くさんあるのです!

 

「洋服なんて大体きめればいいじゃん」と思うかもしれません。
でも女子ってその日にあったその日の気分の服を着たいと思うんですよ。。
だから時間がないのに「これかな〜。あれかな〜」といろいろ迷ってしまうんです。

 

そんなこんなで私は毎日結構ぎりぎりの疲れを保っていて、
ほとんど他にやることが増やせないほどがんばっています。そんなある日の出来事でした。

 

私はその日もいつも通り会社に出勤しました。朝はぼーっとしているので、ひとまずコーヒーをいれに行きます。
一度自分のデスクに座ると、もうそれ以上席を立ちたくない!と思っていますが、
「コーヒーが飲みたい。。」という気持ちが勝っていつもなんだかんだでコーヒーを入れに行きます。

 

「まだ誰とも話しをしたくないな・・・」と思いながら席に戻ろうとすると、
別の部署のお局の先輩が私の席に座っているのです!
「先輩、何をしてるんですか?」と聞くと「あ〜帰ってきた〜〜〜」とだるい感じの先輩です。

 

するとこういい始めました。
「なんかさ〜あんたの席、大事なところのちじれ毛がたくさん落ちてるよ。。
ちゃんと毛の処理してんの?それともボーボーなんじゃないの??(大笑)」
先輩は一応まわりの人には聞こえない小さい声で話してくれましたが、私の頭は真っ白です!!

 

「先輩は何を言っているんだ!?これは嫌がらせか?」と思いました。
しかし次の瞬間自分の席を見てみると、確かにその大事なところからであろう“ちじれ毛”が6個くらい落ちているのです。

 

私は思いました。「言われてショックだったけど、言われなかったら気がつかなかったかもしれない・・・」と。
私は忙しさにかまけてすっかり職場のデスクのまわりの整理を怠っていたのです。
日頃から毛の処理もデスクの整理もちゃんとしないといけないなぁとこころからそう思った瞬間でした。

 

 

→体験談3:新しい女